MENU

管理薬剤師になる為に

管理,薬剤師,求人,転職

管理薬剤師になる為に必要な資格は有りませんが、管理能力やスキル、経験は必要になります。

 

管理薬剤師になるには、その職場で経験を積むことで他の薬剤師さんとの信頼関係、薬の知識なども豊富なる事も必要です。薬剤師、薬の管理、その他にもコミュニケーション能力の優れている必要があります。

 

特に調剤薬局やドラッグストアなど薬剤師さんの在籍数が多い職場では管理薬剤師の管理能力は重要になります。その反面、給料面では優遇される事などから管理薬剤師を目指す薬剤師さんも少なくありません。

 

管理薬剤師を目指す薬剤師さんに少しでも役立つ情報を提供しています。年収アップ、スキル、技術のアップに必要な管理薬剤師として働く為にお役立て下さい。

 


管理薬剤師求人募集に強いサイト

マイナビ薬剤師

 

高給料、高収入薬剤師求人紹介に強く管理薬剤師などの求人紹介でも実績がある薬剤師転職サイトがマイナビ薬剤師
管理薬剤師求人募集をしている依頼主は少なく、管理薬剤師希望者の募集になる事が多いですが、管理薬剤師経験者の転職なら管理薬剤師として応募も可能ですよね!

 

管理薬剤師としての転職をお考えならマイナビ薬剤師での紹介は有利ですよ!
全国に拠点は31ヶ所有るので適切なサポートが全国ほとんどの地域で受ける事が出来、しかもマイナビグループの情報力は薬剤師求人でも発揮されています。
管理薬剤師、高収入、高年収薬剤師転職に興味のある方は、是非、マイナビ薬剤師で情報収集してください。

 

 

 


 

薬キャリ

 

国内最大級の薬剤師転職サイトの薬キャリは管理薬剤師など高年収薬剤師求人紹介にも強いですよ!
薬キャリに強みは、他サイトの求人紹介も出来る事です。管理薬剤師求人の様な募集数が少ない求人は出来るだけ多くの求人紹介出来るサイトが有利です。

 

その点では、薬キャリなら保有求人数も多く、しかも他の薬剤師転職サイトの求人紹介も可能なので取りこぼしが少ないですよ!
出来るだけ多くの管理薬剤師求人の中から自分の条件に合う求人を探したい方は是非、薬キャリをご利用下さい。

 

上記2サイトへ登録すればほとんどの管理薬剤師求人情報を入手出来ると思います。

 

管理薬剤師としての転職

管理薬剤師の経験者の転職で、転職先でも管理薬剤師として働くこと、採用されることは可能なのでしょうか?
管理薬剤師の経験者や知識のある薬剤師さんの転職で管理薬剤師としての採用も多くあります。実際、管理薬剤師を募集している求人募集も多数見受けられるので、条件さえ合えば応募も可能で採用も可能だと思います。

 

特に同業種、調剤薬局、ドラッグストア、病院、医療関係や企業など同じような職種、職場で管理薬剤師として働いた経験があれば、管理薬剤師としての転職も可能ですよね!

 

管理薬剤師の経験がない方がいきなり管理薬剤師として採用されることは難しいと思いますが、将来、その職場で管理薬剤師として働きたいのであれば、管理薬剤師候補として働くことも可能だと思います。

 

管理薬剤師と一言で言っても、職場も規模や扱う医薬品や従業員の人数などでも管理薬剤師の仕事内容やスキル、知識やコミュニケーション能力なども違ってきます。
小規模な店舗などなら比較的浅い経験でも管理薬剤師として働くことも可能だと思いますし、逆に大規模店や企業などではその職場でも経験や実績が必要になるのではないでしょうか?

 

管理薬剤師の転職を紹介していますが、管理薬剤師の職場は様々です。働き方や報酬、条件なども様々ですので、管理薬剤師の経験がある薬剤師さんの転職なども相談できるのが薬剤師求人サイトのコンサルトさんです。

 

管理薬剤師としての経験やスキルを活かした転職を希望されるなら薬剤師業界に精通したコンサルトさんが在籍している薬剤師求人サイトがおすすめです。

 

管理薬剤師の転職

薬局やドラッグストアなどで薬の調剤を行う仕事は薬剤師が行っています。それらの職場において、管理監督する役割を担っているのが管理薬剤師です。薬局やドラッグストア、医薬品製造などの職場において、一人置かなくてはいけません。

 

管理薬剤師の仕事は、医薬品と従業員の管理が主な内容です。監督的な立場であることから、薬事法などの法律の理解や保険請求などの専門知識が必要とされます。また、従業員が正しく仕事をしているか、患者に対して適切な対応が行われているかどうかのチェックを行う仕事も担います。管理薬剤師になるために資格は必要ありませんが、一般的に実務経験3年以上の人が役割を担うことが多いです。専門知識や経験のみならず、従業員、患者などとのコミュニケーション能力も大切なスキルとなってきます。

 

薬剤師からスキルアップする、管理薬剤師に転職したいと希望するなら、薬剤師専門の人材紹介会社に登録することがおすすめです。専門の知識を持ったアドバイザーが、自分の希望条件や将来に向けての希望などをリサーチし、その人に合う職場を求人情報の中から紹介してくれます。

 

また、業界専門の人材紹介会社なら、独自のルートで得た優良な求人情報を豊富に持っており、希望する職場を紹介してくれる確率が高くなります。転職へのサポートをアドバイザーがバックアップしてくれるところも多く、面接日時の調整や待遇面の交渉なども代わりに行ってくれるので、働きながら次の職場を探しやすいところがメリットです。

管理薬剤師の転職

管理薬剤師において、希望に合致する求人を見つけるためには、活用するやりかたが最も重要なポイントになるのです。
薬剤師として勤務している場合は、その職場に残るべきかどうかという見極めをしっかりと模索しながら、次のステップを探していくことが重要なポイントとなります。
また現役の薬剤師の意見を聞くようにすることで、これからのキャリアについてもより一層わかりやすい点が生じていくため、薬学における内容をひとつひとつ精査していく環境も求められます。

 

転職希望者における条件に合致していくよう、膨大な人材紹介企業の情報にも日頃から関心を寄せておく姿勢が大事なのです。

 

その一方で転職先の雰囲気や人間関係の構築の状況をあらかじめ把握しておくことは難しい内容となるものの、事前にできる限りのシミュレーションは必要となります。

 

給与や待遇の部分をしっかりと見ていくことで、管理薬剤師としての次のステップもスムーズにスタートさせることができるようになるのです。
また薬事法により病院や調剤薬局以外でも、製薬会社や化粧品会社にも薬剤師の常駐が義務付けられていることが一般化されていることから、管理薬剤師が活躍できる場は想像以上に広がっているということも言えます。
薬剤師に関連する求人を多角的な視点から見るような習慣を持ち合わせていけば、常にこういった分野に需要があるということにも気が付くことができるのです。薬剤師は必須の職務に該当します。

管理薬剤師とは

管理薬剤師の行う仕事は、多岐に亘ります。
薬剤師としての仕事に加えて従業員などの管理も行わなければならないので、どうしても広範な内容になるのです。
管理薬剤師の主な職場は、「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院」「製薬会社」などですが、最も多いのは調剤薬局です。
そこでまず行うのは、「管理業務」です。

 

店舗内に保管されている医薬品を管理します。
「ちゃんと整理されているか」「決められた保管方法が採られているか」「期限切れの物などが混入していないか」などをチェックします。
在庫管理の責任者という位置付けなので、薬に関する伝票はしっかり管理しておかなければなりません。
次に、「従業員の管理」も重要な業務です。

 

「薬を販売する際、薬剤師が正確な情報を伝えているか」「しっかりした接客をしているか」などを常にチェックします。
従業員と患者の双方にとって居心地のよい場所になるよう、管理する必要があります。
そして、薬についての知識を教えることも業務の一つです。

 

患者が正しく医薬品を使えるよう、指導していかなければなりません。
また、業務を行っていくうえで相談や苦情を受けることもありますが、その際にも個々の状況に合わせた対応をしていくことが求められます。

 

一方、製薬会社で働く管理薬剤師は、事務的な業務のウェイトが大きくなります。
医薬品の品質管理や在庫管理が主な業務になってくるので、薬事法に関する知識が必要になることが多くなります。

管理薬剤師になるには

管理薬剤師になるためには、新たに資格を取得する必要はありません。管理と付いていても一般の薬剤師と変わりありません。ですので、まずは薬剤師の資格を取得することが必要です。薬剤師の資格は、6年間(大学4年間と大学院2年間)の薬学部で学ぶ必要があり、卒業後に薬剤師の国家試験を受け、合格することで資格を取得することができます。

 

その後、調剤薬局や保険薬局、ドラッグストアへ就職し継続勤務します。業務内容は勤務場所により異なりますが、お客様の病状や症状を聞いてそれに適した薬を選んだり、商品の販売、在庫管理なども行います。

 

管理薬剤師になると、こうした薬剤師としての仕事の他に、管理者としての仕事も担うことになります。従って、薬学知識の他に店舗管理者として技能と、信頼性に富んだ人間性が求められてきます。さらに調剤薬局に勤務する場合には、加えて医療事務やレセプト、医療保険に関する知識もしっかり身に付けている必要があります。

 

管理薬剤師は、勤務している店舗で実務経験を積むことにより、昇進して選出されることが多いです。従って、管理薬剤師を目指すためには、勤務場所で実務経験を積んでいくことが必要となってきます。

 

現在急激にドラッグストアが増加しており、そのこの薬剤師も必要とされている現状です。それは、薬事法により、1店舗に対し必ず1人の管理薬剤師を置くことが義務付けられているからです。そのため、薬剤師の仕事はとても必要視されており、求人数も多くなっています。

管理薬剤師の必要なスキル

管理薬剤師になるには、一般的に実務経験3年以上の人が就くことが多いですが、特に資格は必要ありません。しかしながら、管理薬剤師は、職場で管理監督する役割を担うため、さまざまな専門知識を必要とします。

 

例えば、薬事法の理解です。薬などに関する法律である薬事法の知識、関連する法律などは必要です。医薬品に関する知識も同様で、それを保有することで医薬品などをきちんと管理、保管ができるといえます。また、患者に対して行われる保険請求などの知識も持っていなければいけません。それらには単なる知識のみならず、実務で経験した知識が合わせて必要になってくるといえます。

 

また、従業員の管理を担う役割でもあるため、従業員が正しく仕事をしているかどうかや患者に対して正しい説明、適切な対応が取れているかどうかをチェックしなければいけません。従業員を指導する知識と経験も持ち合わせる必要があります。正しい情報を収集し、従業員や患者とのコミュニケーション能力も、管理薬剤師に必要なスキルのひとつといえます。

 

管理薬剤師は、薬局やドラッグストアなどの店舗、医薬品製造する職場において、一人置かなくてはならない人です。ですから、薬局や店舗などが増えれば、必ず必要とされる職業でもあります。管理する立場として責任がある分、やりがいのある仕事ともいえます。資格が必要ではありませんので、薬剤師から管理する側へと、実務経験を経て将来的にスキルアップすることも可能です。

ドラッグストアの管理薬剤師

管理薬剤師として働くのであれば、いろいろな側面で考える必要も出てくるでしょう。時と場合によっては待遇アップも期待できるでしょうが、勤務先によってもだいぶ待遇が変わってきます。
おすすめの勤務先の一つが、ドラッグストアの管理薬剤師です。
これは何かというと、市販薬を売っているようなドラッグストアで管理薬剤師として働くということで、非常に幅が広い働き方となっています。
最も特徴的なのは店長兼務をすることがあるということでしょう。というより、大体の場合はこのような役割を持つことが多いかもしれません。
このため、管理薬剤師としての待遇だけではなく、さらに店長としての待遇も期待できます。もちろんそれまでの間長く働く必要はありますが、一度店舗についてのことを任されたら非常に待遇が良くなるのが特徴です。
また、店舗運営についても非常に積極的に行えるようになります。店長ですから、そのお店の運営についてもしっかり行うことができます。もちろんいくら店長といってもチェーン店ですからチェーンやブランドごとの方針や統括する方向性を考える必要はあるでしょう。ただ、そういったところを差し引いても、店長として働くのは働きがいがあるものです。
給料面、年収面でもドラッグストアの管理薬剤師は優遇されることも多く、年収700万円以上も方も多く、店長と兼務や大手ドラッグストアチェーンの場合ですと複数店舗の店長など給料面でも魅力は十分あります。

 

大手のドラッグストアチェーンならばそこからさらに出世し、キャリアプランも幅広くなります。最近ではチェーンのスーパーバイザーや統括などを行う人も出てきているようで、店長・現場からの叩き上げというのは非常に需要が高くなっているのです。

企業での管理薬剤師

管理薬剤師として働くためには、様々な職場があります。
ひとつは王道となる調剤薬局やドラッグストア、あるいは病院の薬剤部などでしょう。こういったところならば管理薬剤師の職場や企業としてのイメージは非常に大きく、そういうところで働いている人もとても想像しやすいでしょう。

 

ただ、管理薬剤師としてはそれだけではありません。様々な企業で管理薬剤師として働くことができるのです。
ひとつは製薬会社です。これは本社・支社など様々な働き口がありますが、おおむねどこでも薬剤師を募集しています。特に経験豊富な管理薬剤師となるとそれなりに待遇も良くなり、働き方も普通の会社員と似てくるので、働きやすくなります。中にはワークライフバランスに配慮し働きやすさをモットーにしている会社もあるため、いろいろな働き方が可能となっています。

 

また、製薬工場でも管理薬剤師が必要となります。この場合、作っているのは薬剤とは限らず、例えば医療品に分類されるものを作っているメーカーや化粧品を作っているコスメ企業などでも需要があります。
この場合は最も大事な業務は品質管理・分析業務となっています。地方での求人が多いため、地方で良い待遇で働きたい人からすれば求めている条件にピッタリという場合も少なくありません。

 

最後に、こういった製品を扱う倉庫でも募集があることがあります。この場合も管理・品質保持の仕事を行い、中には薬剤の在庫管理を行うこともあります。企業での管理薬剤師の職場もたくさんあります。
製薬会社以外にも薬剤を扱う会社や企業も多く、その職場職場に管理薬剤師は必要になる為、企業での管理薬剤師の求人枠はおいと言えます。

 

基本的に一人で行うことが多いため、マイペースで行いたい人にはうってつけの仕事となるでしょう。

調剤薬局の管理薬剤師

調剤薬局の管理薬剤師は責任者の立場を持つ、重要なポストです。薬剤師には憧れる仕事でもあります。キャリアとスキルが求められる調剤薬局の管理薬剤師は一番上に立ち、リーダーシップを発揮し、業務全般を見渡すことができる能力を積むことが大切です。

 

管理薬剤師は薬事法によって調剤薬局に必ず1人配置されるように決まっています。同じ薬剤師として職場に働いていても通常の給料に管理手当がつくことになります。
魅力的なことではありますが、その分調剤薬局でのすべての責任を負うことにもなります。

 

管理薬剤師は仕事への責任感と仕事業務をこなせる能力が必要になります。仕事内容は薬局の規模や経営によってことなりますが、従業員の管理と教育も行うことになります。
通常の業務は医薬品の管理帳簿の記載や管理をおこないます。医薬品の購入の管理もおこない、薬事管理にも責任があります。しっかり薬局が管理され、設備機器などを調べ、チェックをします。不備があれば開設者に申し立て改善する義務があります。
従業員の管理も責任の大きな仕事です。患者さんへの接客態度を教育し、礼儀指導などをおこなうようにします。管理薬剤師は一緒にはたらく薬剤師や医療事務の人などの勤務管理をおこないます。

 

薬事法に定められているないように対応できているかを把握し、対処するようにします。管理薬剤師は風通しの良い職場になるように従業員一人一人が働きやすいようにすることが大切になります。