MENU

企業薬剤師求人|就職、転職情報

薬剤師の就職先、転職先として企業、会社などがあります。製薬会社が一般的ですが、薬剤師の募集している会社も多く薬剤師の需要が多くなりつつあります。

 

しかし企業薬剤師の場合、新卒者の募集がほとんどで転職など中途採用の場合ですとスキルや経験などが相当なければ採用までいく事は難しいと言われています。

 

企業薬剤師として働く薬剤師の仕事として求人数も多いのがMRと呼ばれる病院や薬局、ドラッグストアなどを回り、自社の薬の営業する営業の仕事がMRです。
製薬会社への就職、転職はほとんどの場合、MRでの採用だと思います。

 

 

企業薬剤師とひとまとめにしていますが、職種、業種も多く働き方の選択網は多いですね!
企業薬剤師への転職、就職を希望されいる薬剤師さんの中にもどの様な仕事を希望されるかで求人探しの方法も違って来ることも多く薬剤師求人サイト、薬剤師転職サイト選びも違って来来ますよね!

 

企業薬剤師への転職、就職へは大手の薬剤師求人サイトが有利だと思います。たくさんの情報を共有している大手サイトならたくさんの求人情報も入手可能です。

 

 

企業薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト

リクナビ薬剤師

 

企業系薬剤師求人は、情報量が豊富で企業求人にも強いリクルートグループが運営する薬剤師転職サイトのリクナビ薬剤師
リクルートグループの情報量で企業系薬剤師求人数は業界でもトップクラスです。中途採用、転職が比較的難しいと言われている製薬会社や医療関係会社は出来るだけ多くの求人への応募も必要になるケースもあります。

 

多くの求人を保有しているリクナビ薬剤師なら多くの企業薬剤師求人の観覧、紹介も可能だと思います。

 

 


 

マイナビ薬剤師

 

ネット求人情報サイトでは国内最大級のマイナビグループが運営するマイナビ薬剤師
ドラッグストアや調剤薬局などの求人でも実績が豊富ですが、他の薬剤師求人サイトの苦手な企業系薬剤師求人でも実績が有ります。

 

企業薬剤師の中途採用は実績や経験が必要とされていますが、何よりたくさんの求人紹介出来る薬剤師転職サイト選び重要です。マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の両方を利用すればほとんどの求人をカバ^出来るのではないでしょうか?
多くの求人の入手を希望するのなら是非この機会に2サイトとも登録を済ませておきましょう!

 

 

 


MRへの転職

企業薬剤師の中でも薬剤師の転職先として求人数が多く応募が比較的容易なのがMRですよね!製薬会社の薬剤師仕事として企業薬剤師希望の薬剤師求人としても比較的求人数も多く採用されやすい求人ではないでしょうか?

 

営業職と言う事で男性薬剤師の方が多い職場ですが、最近は女性のMRも増加していますよね!新卒、途中入社も多く薬剤師の転職先としても魅力がありますね!
調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師さんは多いのですが、これらの職種からの転職希望者少なく、MRや企業、病院薬剤師からの転職が多いそうです。

 

MRとしての転職、就職をご希望なら企業薬剤師求人紹介に強い薬剤師求人サイトでの紹介が有利で紹介求人数も多いですよ!またMRの仕事に理解の有るコンサルトさんなら安心して相談、求人紹介が出来ると思いますので是非、MRの求人紹介が出来る薬剤師求人サイトをお選びください。

医薬品会社、製薬会社への転職

薬剤師が転職をする際、医薬品会社、製薬会社など専門職を存分に生かせる内容が大事になります。特に女性であれば結婚や出産などある一定のブランクが出ていくことになるので、そういった内容を的確に埋め合わせしてくれる人が大切な要綱となるわけです。
また過去のケースよりもハードルが高い内容も多く、新卒で大手医薬品会社へ就職するということさえも難しい状況となっています。安定的なキャリアを積めるような薬剤師を目指していくためにも、まずは実例を確認していく段階から始めていくことが大切です。

 

その一方で転職は家族の理解など周囲の環境を見つつ決断していく部分が大事であり、ステップアップの一環として大いに役立つのです。直接的な対話をすることにより、転職先で働く上での人間関係や医薬品にまつわる勉強などキャリアを上げていく取り組みにも結び付けていくわけです。

 

また薬局では調剤の勉強から始まり、患者へわかりやすい説明をするコミュニケーションツールなど多彩な能力を求められるため、若いうちにそういったノウハウを学ぶことは大いに役立つのです。人とのつながりが好きで、薬学の知識がある方は、医薬品会社で薬剤師として働いていくことが最適になってくるわけです。
職場での人間関係がこういった分野でも何より重要視されていくため、これからの方向性を見定めて堅実な決断をしていくことが大事になるのです。
医薬品の問題は素人には難しい側面もあるため、彼らの力が重要です。

企業薬剤師の仕事の内容

薬剤師の働き方は、調剤薬局や病院で働くだけではなく企業薬剤師としての働き方もあります。
企業薬剤師と一言でいってもその仕事の内容はどんな事をしているのか想像がつかないはずです。
企業薬剤師の仕事の内容は、幅広く働く企業によっても変わってきます。
一般的によくあるのが、MRと呼ばれる医薬品の営業です。
会社が開発した医薬品を病院などに販売し、その正しい服用方法や注意事項の指導を行います。
また現場に行った際に、薬の問題点やその効果などの情報収集も行います。
MR以外にもいろいろな職種があります。
新薬開発に関わるDI業務というのもあります。
このDI業務は、新薬開発に関わる全体の補助を行います。
その他にも薬を研究する研究職として病気のメカニズムを解明をはじめ基礎研究から新薬の開発に向けた研究やデーター収集や非臨床実験などを行います。
さらに研究職から上がってきた情報を統括したり臨床実験を行うの開発職です。
開発職は臨床データーを病院を訪問してデーター収集を行うので、全国の病院を飛び回る場合もあります。
どの業務も薬剤師としての知識を活かせる業務内容で、病院や調剤薬局での業務との違い調剤業務をほとんどする事がありません。
どの業務も、人気が高く採用人数が少ないのが特徴で、募集が出てもすぐに募集終了までの期間が短期間の場合が多く個人で仕事を見付けるのは難しいです。
その為、多くの人が求人サイトなどに登録して利用しています。

薬剤師も一般企業に就職する

一般の企業でも、薬剤師の求人を行っているため、医療機関以外で就職したい方も勤務していくことが出来ます。
企業の中でも、製薬や化粧品の販売を行っている会社については、薬剤師の力が必要となってきます。

 

薬の開発や販売を行う過程で、薬剤師としての知識が必要となってきますし、化粧品を販売するときにも、製品を作るうえで薬剤を使っていくため、薬剤師は必須となっているのです。

 

製薬会社から化粧品会社についてまで、様々な企業に応募することが出来るでしょう。
また、企業で働く薬剤師については、土日が休みになったり、夜勤を行う必要がないなど勤務しやすい条件のものも多くなっているため、勤務しやすくなるメリットも存在しているのです。

 

規則正しい休みを取りたい方や家族との休みをあわせたい方でも、会社で勤めることにより、その希望を叶えられるようになります。
主婦の方でも、家族が休みの時に仕事を行う必要がなくなってくるため、家族との交流の時間を大切にすることが出来るでしょう。
薬剤師として就職を希望するときには、気になる会社の採用情報をチェックしておくと仕事を見つけやすくなってきます。

 

希望する会社が独自に求人を募集していることもありますが、色々な会社の求人を比較したいときには、専門の求人サイトを見ておくと役立つでしょう。
求人サイトをチェックしておくことにより、いち早く勤務していく時の条件の良い仕事を見つけることが可能になるのです。

薬剤師として企業へ転職する

薬剤師の資格を取得したのであれば、企業への就業を希望することでしょう。けれども、時間が経つうちに、ステップアップを試みたくなり、転職を始めたいと思うかもしれません。

 

その場合、どのようにすればいいのでしょうか?まず、今の時代は、インターネットが普及しているため、インターネットで求人を探すのが一般的です。パソコンやスマートフォンで、検索エンジンから求人サイトを簡単に見つけることができます。

 

薬剤師に特化されたサイトがあり、転職サポートを受けられるところもあります。しかも、ガイダンスなどのコンテンツもあり、活動の基本から学ぶことができます。また、ステップアップであれば、収入アップを目指したいこともまた、薬剤師であっても同様でしょう。
そのための行程を学びたいのであれば、専門エージェントを使うことも、一つの方法です。これもまた、インターネットで見つけることができます。企業の非公開求人を多数抱えているため、思いもよらない企業の案件を紹介される可能性もあります。

 

なお、薬剤師であっても、人ばかりでなく、動物医療に携わることができます。ただし、人と動物では、処方の仕方などが異なるため、十分注意する必要があるでしょう。

 

また、管理薬剤師なども、動物医療の中でありますが、求人が少ない傾向があります。どうしても、動物との関わりを求め、転職先の一つとするのであれば、情報収集を十分行い、タイミングをきちんと計りながら、活動を続けるべきでしょう。

企業薬剤師への転職記事一覧

MRとは医薬情報担当者のことを意味し、医者が患者に治療を行う上で、医薬品を安全、かつ効率的に使用できるように情報提供を行う仕事を指します。一般的には製薬会社の医薬品営業の人を表わす言葉で、自社の医療用薬品を中心とした営業を行い、そこには医師とのコミュニケーションを図ることにより医療現場からの情報を得ることも目的とされています。MRには医者に適切な情報提供を行う必要があり、そこには医薬品の専門知識が...